ToS(ツリーオブセイヴァー) PCでは、ToS スペックから推奨PCやおすすめのネトゲが動くToS ノートパソコンを、ベンチマークや価格から比較・検索ができます。Tree of Savior 必要動作環境、グラボ情報の他に、PC初心者向けにツリーオブセイヴァー オススメPCのレビューも行っています

ToS グラボ

グラフィックボード(グラボ)とは、ビデオカードやGPUとも呼ばれており、PCゲームをする上で最重要パーツです。そのため、ツリーオブセイヴァーでも、グラボ(GPU)は良いものを選びましょう。

ToS おすすめグラボ

必要スペックはIntel HD Graphic 4600程度

Tree of Saviorの必要スペックは、NVIDIA Geforce 8600 相当とあり、内蔵GPUでいえばIntel HD Graphic 4400~4600が似たようなスペックです。

これは、2013年移行のCPUに登載された内蔵GPUです。

大抵のゲーム用ではない普通のパソコンの場合は、グラボを搭載せずチップセット内蔵GPUを使用していますが、ゲーム用ではないノートパソコンでも2013年移行のノートPCならツリーオブセイヴァーが動作する可能性はあります。

最近のノートパソコンではHD Graphic 530や520などでも動作するでしょう。

基本的にチップセット内蔵GPUでは、最新PCゲームはまともに動作しない事が多いですが、低スペックの内蔵GPUでも動作するツリーオブセイヴァーは初心者向けのネトゲと言えます。

ただし、必要スペックぎりぎりだとカクカクしてまともにプレイできないので、あまりおすすめはしません。公式サイトにも『「Intel HD Graphics」等のオンボードグラフィックスにつきましては、メモリ容量やCPU性能等の影響を受けやすいため、推奨しておりません。』とあります。

推奨スペックはGT 1030, GTX 950M程度

Tree of Saviorの推奨スペックのGPUはGTS 450となっています。

これは最近のデスクトップ用グラボで言えばGT 1030程度で、ノートPC用GPUでいえばGTX 950Mくらいになります。

MSI GeForce GT 1030 2G LP OC グラフィックスボード VD6348

新品価格
¥9,007から
(2017/7/5 17:21時点)

また、将来パッチなどでスペックが引き上げられることも考えるなら、GTX 750やGTX 750 Ti、GTX 950、ノートPCならGTX 960MやGTX 965M以上がおすすめです。

特にあらゆる状況でヌルヌル快適にプレイしたいとか、ツリーオブセイヴァー以外のゲームも考えるなら、GTX 960やGTX 1050以上にすると良いでしょう。

なお、GTX 1060にすると今流行のVR対応スペックにもなるため、人気があります。

ASUS R.O.G. STRIXシリーズ NVIDIA GeForce GTX1060搭載ビデオカード オーバークロック メモリ6GB STRIX-GTX1060-DC2O6G

新品価格
¥34,660から
(2017/7/5 17:18時点)

ツリーオブセイヴァー PCのGeForceとRadeonの違い

PCゲーム用のグラボは下記の2社が有名です。

  • nVidiaのGeForce系
  • AMD社のRadeon系

どちらも性能に大差はありませんが、Geforce系はRADEON系より多く流通されています。そのため、3Dゲームにおいてはシェアが多いGeForce系で安定するように開発されることが多く、発売後に表示上のバグがある場合も対応が早いことがあります。そのため、GeForce系を推奨したいところです。

Tree of Savior PCのビデオカード(グラボ)の働き

ゲーム用PCを購入するときに最重要なのは、『搭載されているグラボのスペック』を確認することだということは、分かったと思います。

では、グラボはPC上でどのような働きをしているのでしょうか?

PCのパーツは、一般的に以下のように例えられます。

CPU:事務員
メモリ:机
HDD:倉庫
GPU:書記(掲示係)

事務員が倉庫から資料持ち出して机に広げて作業、その結果を書記が黒板に書き込む、という感じです。

書記(掲示係=グラボ)の作業が遅いと、黒板(モニター)に書く速度も遅くなってしまいます。

ToS PvPはノートパソコン(チップセット内蔵GPU)だと厳しい

チップセット内蔵GPUの場合、事務員(CPU)と書記(GPU)を共有する形になり、例えグラボと同じ性能の内蔵GPUだとしても、両方に同時仕事をするため効率が落ちます。

そのため、ツリーオブセイヴァー PvP (対人戦)やキャラが密集するような大規模な戦闘では、描画処理が重くなってカクカクするなど、プレイが厳しくなる場合があります。

しかし、内臓ではなく専用のグラボ(GPU)を登載している場合は、書記(GPU)が描画だけに専念出来るため、内蔵GPUよりも高速に動作します。

こちらからToS推奨PC検索が利用できます! 検索が面倒な方はこちらのオススメPCを参考にしてください!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
Copyright © ToS(ツリーオブセイヴァー) PC All Rights Reserved.